具体と抽象

絵であれば、具体的な絵か抽象的な絵かというのは、比較的わかりやすいものですが、短歌の具体と抽象についてはもう少し慎重になってみていいかもしれません。「もっと具体的なものを一首に盛り込んだほうが良い」というアドバイスは、歌会の発言などでときおり聞かれるものの典型で、それはそれで一理あるのですけれども、ただ単に「具体的なモノ」を一首に放り込んでみたところで、具体的な作品がかんたんに生まれてくるわけではありません。「具体的なモノ」というマジックワードを一緒に掘り下げていきましょう。
(日)
投稿:

たろうくん再び

みよちゃん: 先生、こないだはたろうくんがやってきたせいで、わたしがサブキャラ扱いだったね。ちょっとかなしかった。

けんじろう先生: 前回はみよちゃんが来るまえに盛り上がっちゃったからね。たろうくんも評判がよくて喜んでたみたいだよ。

みよちゃん: またたろうくんが来ちゃったらちょっとやだな。だってわたしサブキャラじゃないもん。主役のはずだもん。

先生: んー、でもたしかたろうくん、この間たのしかったからまた時間があったら来るって言ってたなあ。

みよちゃん: えー。

たろうくん: みよちゃんも先生も物騒な感じだけどどうしたの?

先生: 噂をすればたろうくん!

みよちゃん: えー。きょうは何しに来たの?

たろうくん: うん、ちょっと先生に訊きたいことがあってさ。

先生: さすがたろうくんは勉強熱心だね。先生関心しきりだよ。

具体ということ

たろうくん: でさ、きのう中学校の歌会で、歌は具体的なほうがいいって言われたんだけど、具体的っていうのがどういうことか考えてるうちに分かんなくなっちゃったの。

先生: んー。もうちょっと説明してくれるかな?

たろうくん: うん。たとえば「バナナ」って詠んだときに、そのバナナはバナナだから具体的な気もするんだけど、バナナっていう概念を同時に指してるようにも思っちゃう。

先生: たろうくん、それは大事なところを掘り下げてきたね。

みよちゃん: わたしもおんなじこと思ったことある!「バナナ」っていう具体物を出しても、それが歌のなかで抽象的なものに変形しちゃう感じ。

先生: みよちゃんも深まってきたねえ。

たろうくん: だから、ただモノを歌に入れたからって、「具体的」な歌になるとは限らないんじゃないかって。

一本の釘

先生: たろうくんはタケノコのように成長してるねえ。伸び盛りだね。 たとえモノを歌のなかに入れても、すぐに具体的な歌になるわけじゃないというのはその通り。

生命線ひそかに変へむためにわが抽出しにある 一本の釘  寺山修司『田園に死す』
この歌では「一本の釘」が一般に言うところの「具体的なモノ」だけれども、歌のなかではとても抽象的な存在になっているんだ。「一本の釘」だけだったら具体的なのに、一首の全体性から見ると一転して抽象的になる。

たろうくん: なんでだろう。なんだかむずかしくなってきて目がしょぼしょぼしてきた。

みよちゃん: これって、「一本の釘」が一首を最適化するための道具みたいに使われているのかな。具体的なモノの、もう少しごつごつした存在感がきれいになめされてるように見えるかも。

先生: みよちゃん、さすが察しがいいや。

たろうくん: なんで? ぼく、ぜんぜんわかんないよ。もうやんなってきた。

ナビスコとカルビー

先生: たろうくん、ここはけっこう繊細なところだから、なんとなく感じられれば大丈夫。

たろうくん: そうなの? なんとなくで大丈夫?

みよちゃん: わたしもなんとなくだから、きっと大丈夫だよ!

先生: ちょっと例え話をすると、たろうくんもみよちゃんもポテトチップスは好きかい?

たろうくん: ぼく大好物! 去年の文集の「好きなもの」の欄はポテトチップスってちゃんと書いたくらい!

みよちゃん: わたしはあんまりかな。だって油がすごいし。

先生: 両極端だね。で、ポテトチップスの作り方には二種類あるのを知ってる?

たろうくん: 二種類あるの?

先生: 有名なやつだとナビスコのチップスターとカルビーのポテトチップス。どっちもコンビニに売ってるね。

みよちゃん: 先生、どっちもおなじポテトチップスじゃん。

先生: いや、じつはよく見てみると違うんだ。カルビーはジャガイモを輪切りにして揚げているけど、ナビスコのはジャガイモを一度粉にして、それを丸いかたちに固めてから揚げてるんだ。

たろうくん: あ、そういえばチップスターって、ぜんぶおなじかたちしてる!

それぞれの一長一短

先生: そこによく気づいたね。やっぱり中学生はひと味違うなあ。今ポテトチップスの話を例にしたんだけど、短歌のなかの「具体的なモノ」についても同じようなことが言えるんだよ。現実の「一本の釘」をいったん粉状にして、一首のなかで再度その釘のかたちに戻しているんだね。だから、歌に最適化した「一本の釘」を作者が自在に形づくれるし、最適な場所にその釘を配置できる。

たろうくん: チップスターだ! これならどんどんいい歌ができそうでわくわくする!

先生: そうだね。ただ、これだとなかなか作者の意識以上のものが生まれてこない可能性があるんだよ。現実のモノが作者の統制を受けることでより抽象的な存在に寄ってしまうことにもなる。また、モノが本来もっていたはずの勢いが削られるかもしれないね。そうすると、具体的なモノを歌に取り入れているように見えても、実はそれって、似た、違うものに変化したものなんだ、という見方もできる。

みよちゃん: そっか。いいことばっかりじゃないんだ。

先生: 一方で、カルビーのほうは現実のモノの存在感が保たれる部分が大きいところは良い面だけど、それが必ずしも歌に最適な状態で一首のなかに入ってくれるとは限らないんだね。

たろうくん: こういうの一長一短って言うんだっけ。

先生: 一長一短。たろうくんが的確にまとめてくれたから、きょうはここまで。

たろうくん: でもぼく、チップスターもカルビーも大好き!

解説

 短歌を、作者が律するものと考えるか、作者の手を離れたところにあるものと考えるかは、作家性の根本となるものです。そこが端的に表れてしまうのが、一首のなかの「具体物」なのではないでしょうか。今回は二種類のポテトチップスを例にしましたが、どちらに優劣があるわけではありません。ただ、自身の作品がそのどちらを向いているのかをあらためて見つめてみることも、ときには必要となるかもしれません。それぞれの長所、短所を自分なりに理解することが、短歌の生理の一端を知ることにもなります。短歌の生理の一端を知ることは、詠み手としての懐のふかさへとつながってゆくはずです。本文では、寺山修司を一方の代表的な歌人にあげたのみですが、他方の代表歌人としてぱっと思い浮かぶのは森岡貞香という歌人です。森岡貞香の歌集はなかなか手に入らないかもしれませんが、機会があったらぜひ手にとってみてください。

季節の植物

いちょう:街路樹や公園の植木としておなじみの落葉高木。「公孫樹」また「銀杏」と表記されます。いちょうのあざやかな黄葉に晩秋の到来を感じる人も多いでしょう。実は「ぎんなん」と呼ばれ、食用とされます。筆者の好物です。
妻子(つまこ)()て公孫樹のもみぢ仰ぐかな過去世・来世にこの妻子無く  高野公彦『雨月』

 肉親は唯一無二の絶対的な存在ですが、その成立の基盤にあったのはおそろしいほど確率の低い偶然です。下句で家族という関係のはかなさを思いながらも一首が乾いたあかるさに満ちているのは、公孫樹の葉のかさかさとした質感やその色彩によるものであり、さらに、今ともにいる妻や子の絶対的な存在感を、絶対的なものとして享受している信頼が読者にも見えてくるからだと感じます。きらきらとした公孫樹の葉が、実現しなかったその他の無限の出会いに重なります。

うちやま・しょうた
千葉県八千代市出身。 1992年より作歌をはじめる。1998年、『風の余韻』で第13回短歌現代新人賞受賞。2012年、第1歌集『窓、その他』を刊行。翌2013年、同歌集で第57回現代歌人協会賞を受賞。「短歌人」「pool」所属。
ひとつ新しい記事

月の回覧板 2014-12
tankaful編集部

月の回覧板
ひとつ古い記事

不思議な読書会
本多 真弓

新しい記事・ページ

月の回覧板 2017-9tankaful編集部

月の回覧板

月の回覧板 2017-8tankaful編集部

月の回覧板

季刊 現代短歌雁 66号 2008-4 の目次・内容記録tankaful編集部

季刊 現代短歌雁 65号 2007-8 の目次・内容記録tankaful編集部

季刊 現代短歌雁 64号 2007-3 の目次・内容記録tankaful編集部

歌集・歌書案内

オレがマリオ (文春文庫)
俵万智文藝春秋:2017年
歌集の文庫化。解説 松村由利子
かばん 2017年7月号
かばんの会2017年
特集:通算400号記念 500号に向けてのタイムカプセル
今からはじめる短歌入門
沖ななも飯塚書店:2017年
みだれ髪
与謝野晶子、今野寿美 (解説)角川学芸出版:2017年
藤原定家全歌集 上 (ちくま学芸文庫)
藤原定家、久保田淳 (解説)筑摩書房:2017年
スウィート・ホーム
西田政史書肆侃侃房:2017年
ユニヴェール・シリーズ4冊目
永田和宏作品集1
永田和宏青磁社:2017年
第1歌集『メビウスの地平』から第11歌集『日和』まで収録。 詳細年譜、全歌の初句索引付
恋人不死身説
谷川電話書肆侃侃房:2017年
現代歌人シリーズ15。解説:穂村弘
きょうごめん行けないんだ
柳本々々、安福望食パンとペン:2017年
白猫倶楽部
紀野恵書肆侃侃房:2017年
現代歌人シリーズ16
人の道、死ぬと町
斉藤斎藤短歌研究社:2016年
食器と食パンとペン 私の好きな短歌
安福望キノブックス:2015年
様々な歌人の短歌に素敵なイラストを添えた一冊
桜前線開架宣言
山田航左右社:2015年
1970年以降に生まれた歌人40名の作品世界の紹介とアンソロジー