批評のはなし

短歌というジャンルは、おのずから一人三役を要求される場所です。あるところでは作り手として、また別の場所では鑑賞者として、さらには評者として一人の人間がこの三つの役割をほぼ均等に担っていくことが多く、見ようによってはなかなか大変なジャンルかもしれません。これまでの連載では主に作り手側の問題を取り上げてきましたが、今回は歌会の場を例に、少し視点を変えて鑑賞者、また評者側から短歌を見ていきたいと思います。
(水)
投稿:

歌会で

みよちゃん: こないだ、はじめて歌会に行ってきたんだけど分からないことばっかりでとっても戸惑っちゃった。

けんじろう先生: おお、みよちゃんついに歌会デビューか。はじめてだと分からないことがきっといっぱいだったね。

みよちゃん: うん。わたしね、出された歌のなかで自分の歌が一番よかったから、自分の歌に点入れたの。そしたらみんなに怒られちゃった。

先生: それはブーだね。怒られちゃったんだ。歌会で自分の歌に点を入れるなんて、みよちゃんはなかなかのチャレンジャーだね。

みよちゃん: えー。別にチャレンジしたわけじゃないんだもん! ただ間違っちゃったんだもん!

先生: 歌会ではどんなに自分の歌がよかったとしても、自分の歌には点を入れないという決まり、というか、うっすらとした共通認識があるんだ。ひとつ勉強になったね。

みよちゃん: 今度からは気をつけて自分の歌に点入れないようにしないと。

先生: 法律のように文章で決まっていることじゃないから初めてのときは間違っちゃうこともあるけど、大丈夫だよ。

もうひとつのブー

みよちゃん: あとね、もう一個怒られちゃったんだけど。

先生: おっ、今度は何やらかしちゃったかな。

みよちゃん: 評をするとき、自分の歌に当たっちゃって「これ、わたしの歌なんだけど」って前置きしてからしゃべっちゃったの。

先生: これまたブーだね。

みよちゃん: ちょっといきなり自分の歌で当てられて焦っちゃったの。良くないかなあとは思ったんだけど。

先生: 歌会には記名の歌会と無記名のものがあって、無記名のときはもし作者が自分の歌について評を当てられても、自分が作った歌だって言うのはNGなんだね。

みよちゃん: うん。他の人も自分の作品だって言ったりしてなかったから、なんとなくまずいかなあとは思ってた。

先生: これもどこかにルールブックがある訳じゃないんだけど、決まりごとみたいになっていることだね。

つまらなかった歌会

みよちゃん: はじめて歌会に出てみていろいろ間違っちゃったから、ちょっと言いづらくてまだ誰にも言ってないことがあるの。先生、聞いてくれる?

先生: 何かな? 言ってごらん。

みよちゃん: うん。歌会ってもう少し楽しいところだと思ってたのに、実際に参加してみたらそれほどじゃなくて。なんて言うか、あんまりおもしろくなかった。

先生: そうかな。ほんとうは歌会っておもしろいところだよ。

みよちゃん: んー。わたしがひとりつまんなく思ってただけなのかな。でもね、つまんなかったって感じた理由だってちゃんとあるんだよ。

先生: なるほど。で、みよちゃんはどんな理由でつまらないと感じちゃったのかな。

既成の批評用語

みよちゃん: なんか、評の言葉がつまんなかったの。

先生: そうなんだ。どんなふうにつまんなかったのかな?

みよちゃん: みんなすごいこなれた感じでそつがないんだけど、そのぶん言葉に根っこがないっていうか。例えば、「つきすぎ」とか「淡い」とかそういう言葉があって、それが口先から出てるように感じちゃったの。

先生: みよちゃんは、そこは間違えなかったみたいだね。

みよちゃん: なんで? つまんないって感じたのはおかしいことじゃない?

先生: 全然おかしいことじゃないよ。歌会慣れしてくると、歌会の場でさわりの良い言葉というのがあって、それを覚えるようになる。今みよちゃんが挙げた「つきすぎ」とか「淡い」とか。そういう言葉を使った評は、評された歌についてなんとなく言い得ているような雰囲気があるし、実際に言い得ていることもある。だけど、 そういう用語を覚えてしまうことで、評がインスタントなものになってしまう場合が多いんだよ。

みよちゃん: 用語を手に入れることは大切だけど、一方でそれが先入観になっちゃう危険もあるってことかな?

先生: そうだね。たとえ「つきすぎ」の歌だったとしても、その「つきすぎ」はいったん脇に置いといて、一度まっさらな頭でその歌に対峙する時間が必要なんだ。淡い歌に対して「淡い」という評をするのも、言ってみればアイスクリームを食べて「甘い」って言うのと同じことで、当たり前のことを当たり前に条件反射で言っている場合がほとんどだったりするんだよ。

みよちゃん: 既成の批評用語はものを言った気にかんたんにさせてくれるけど、それだと歌の良し悪しがきちんと見極められないこともあるんだね。でも、間違ったことを言っちゃうのが怖いから、ついついこういう既成の用語を使っちゃいたい気持ちになったりすることもあるんじゃないかな。

ツッコミを入れる

先生: 漢字の読み方とか、慣用的な言葉の意味の取り違いというのはあるかもしれない。ただ、歌一首の読みに絶対的な正解はない。いくら作者に明確な意図があっても、短歌という短い詩型では作者の意図が絶対の正解にはならないと思うんだ。

みよちゃん: でも、わたしが作者だったら、やっぱり意図通りに読んでもらったほうがうれしいような気がする。

先生: たしかにそれもわかる。ただ、一度作者の手を離れた作品は作者だけのものじゃなくなるし、より作品の魅力が増す読みが作者の意図とははずれたところから出てくることもあるんだよ。

みよちゃん: んー、そっか。で、評をするときには結局どういうスタンスでやればいいの?

先生: ひとつの分かりやすい方法として、自分がした最初の読みに自分でツッコミを入れてみる、っていうのがあるよ。自分の読みに自分でツッコミを入れると、そこから別の読みが生まれてくることもある。そうして生まれた複数の読みのなかで、これだ!っていう読みを見つけていく。

みよちゃん: そうすれば、既成の批評用語でインスタントな評になっちゃうのも避けられるし、たくさんの読みのなかから一番いいと思う読みを出せるね。

解説

 ある程度歌会に慣れてくると、簡単で効果的な批評用語をたくさん耳にし、それを使って評をするようになってきます。本文で取り上げた「つきすぎ」「淡い」はその代表例と言ってもいいでしょう。もちろんそうした評言が適切である場合もあるのですが、むしろそうした用語を使用することで生まれる弊害(その語を使用して発言することで、何か言った気になってしまうこと)のほうが往々にして多いように感じます。

 短歌の読みというのは、ある固定化した基準に作品を当てはめてその良し悪しを判断することではありません。一首をつくるのと同じくらい創造的なものであり、もっと流動的でスリリングなものです。ぜひ歌会の際には、自分にツッコミを入れながら自分の読みを磨いてみてください。


季節の植物

どんぐり:ブナ科の樹木に実る果実の総称。どんぐりが実る時期は秋だが、冬に入ってもその実が路面に散らばっている光景を目にすることができる。愛らしい形とつやつやした表皮を持ち、子どもの遊び道具としてもさまざまに活躍する。
あちこちで鏡が反射するような公園に冷たいどんぐり拾う  花山周子『風とマルス』

 公園に光がさしこんでいます。太陽の光は一方向から来るものですが、公園という場においては、感覚的にあちこちで光が生まれているような気持ちになることがあったなあ、と思い出させてくれる歌です。下句では視点が地面に移され、そこにあるどんぐりに触れます。触れたときの小さいけれどもたしかな冷たさ。小さなどんぐりに対する接触のよろこびがかすかにあるかもしれません。上句の表現も冷ややかな空気を連想させますが、その冷たさはぼんやりとしたものです。風景のぼんやりとした冷たさのなかで、どんぐりのかちりとした冷たさに出会うことで、よりどんぐりの存在が際立っています。

うちやま・しょうた
千葉県八千代市出身。 1992年より作歌をはじめる。1998年、『風の余韻』で第13回短歌現代新人賞受賞。2012年、第1歌集『窓、その他』を刊行。翌2013年、同歌集で第57回現代歌人協会賞を受賞。「短歌人」「pool」所属。
ひとつ新しい記事

月の回覧板 2015-1
tankaful編集部

月の回覧板
ひとつ古い記事

「うたらば」の短歌たち
田中 ましろ

うたらばのたられば

新しい記事・ページ

月の回覧板 2017-9tankaful編集部

月の回覧板

月の回覧板 2017-8tankaful編集部

月の回覧板

季刊 現代短歌雁 66号 2008-4 の目次・内容記録tankaful編集部

季刊 現代短歌雁 65号 2007-8 の目次・内容記録tankaful編集部

季刊 現代短歌雁 64号 2007-3 の目次・内容記録tankaful編集部

歌集・歌書案内

オレがマリオ (文春文庫)
俵万智文藝春秋:2017年
歌集の文庫化。解説 松村由利子
かばん 2017年7月号
かばんの会2017年
特集:通算400号記念 500号に向けてのタイムカプセル
今からはじめる短歌入門
沖ななも飯塚書店:2017年
みだれ髪
与謝野晶子、今野寿美 (解説)角川学芸出版:2017年
藤原定家全歌集 上 (ちくま学芸文庫)
藤原定家、久保田淳 (解説)筑摩書房:2017年
スウィート・ホーム
西田政史書肆侃侃房:2017年
ユニヴェール・シリーズ4冊目
永田和宏作品集1
永田和宏青磁社:2017年
第1歌集『メビウスの地平』から第11歌集『日和』まで収録。 詳細年譜、全歌の初句索引付
恋人不死身説
谷川電話書肆侃侃房:2017年
現代歌人シリーズ15。解説:穂村弘
きょうごめん行けないんだ
柳本々々、安福望食パンとペン:2017年
白猫倶楽部
紀野恵書肆侃侃房:2017年
現代歌人シリーズ16
人の道、死ぬと町
斉藤斎藤短歌研究社:2016年
食器と食パンとペン 私の好きな短歌
安福望キノブックス:2015年
様々な歌人の短歌に素敵なイラストを添えた一冊
桜前線開架宣言
山田航左右社:2015年
1970年以降に生まれた歌人40名の作品世界の紹介とアンソロジー